よっちー さんのケア体験

投稿日 2018年10月23日

ケア非実施投稿者
医療関係者
幻覚・妄想
幻視があり、自分の腕にある黒子やしみが虫に見えるため、その部分の皮膚をむしりとって傷つけてしまう。
腕貫き(腕カバー)をして、黒子やしみを隠すと、むしりとらないようになり、傷ができなくなった。
うまくいった
一日中
病院
ご本人の不安感
  • ご本人の不安を払拭できた
  • 環境の改善
1
覚えていない
  • 幻覚・妄想
  • その他、または詳しく記載
     [ 唇を使って、プップッと音を出す、単純な繰り返し行動がみられるようになりました。 ]
最初は皮膚の傷に化膿止めの軟膏を塗ったりして、医学的ケアをするくことで、つまむ行為で傷が出来ていることをわからせようとしていましたが(主治医のアイデア)、それでは効果がなく、看護師さんの機転により腕貫きをすると、幻視を気にしないようになられました。
このケア体験へ投票する。
投票を行うにはログインが必要になります。
投票した人の数:1人
1
このケア方法でうまくいった人
このケア方法ではうまくいかなかった人

SSLサーバ証明書について