お知らせ
お願い:ケア体験投稿に際して
掲載日: 2018年10月8日 @ 9:52

皆様へ

ケア体験のご投稿、いつも誠にありがとうございます。
最近、新たにご投稿いただいている方も多くなって参りましたので、改めてご投稿の際にお願いしたいことをまとめさせていただきます。

1.行った対応法1つについてケア体験を1つご投稿ください。
「②どんなことがおこりましたか?(実際におこったことを簡潔に)」と「③これに対してどのように対応しましたか?」の欄には、それぞれ一つずつの起きたことと対応法をご記入ください。複数の対応法を連続して行ったことでうまくいった場合は、それが一つの対応法と考えられますので、③の欄に一連の対応法をご記入いただいても結構です。しかしある対応はうまくいかず、次の対応はうまくいった場合は、2つのケア体験に分けて、2回ご投稿をお願いいたします。

2.複数回、同じ対応を行った場合は複数個のケア体験としてご投稿ください。
同じ認知症の方の同じBPSDに対して同じ対応をしても、BPSDが軽減する時としない時とがあります。その時に、「④うまくいきましたか?」の欄に「うまくいった時といかない時があった」、「時による」とご記入いただいているケア体験があります。認知症ちえのわnetでは、「BPSDに対して何らかの対応をした」1回を1つのケア体験と考えています。従って、例えば5回同じBPSDに遭遇して、5回同じ対応をしたときには、5個のケア体験としてご投稿お願い申し上げます。そしてそれぞれのケア体験について、症状が軽減したか否かによって「うまくいった」か「うまくいかなかった」かのどちらかを選択していただきたいと思います。

認知症ちえのわnetでの奏効確率の計算方法
投稿していただいたケア体験を以下のように分類しています。(1)起きたことが同様と考えられるケア体験を集める。(2)その中で、さらに対応が同様と考えられるケア体験を集める。奏効確率は、(2)に分類されたケア体験数を分母に、その中で「うまくいった」と回答したケア体験数を分子にして、割り算を行い、100倍します。

引き続きご投稿、お願い申しあげます。

数井裕光