マネさんの投稿:徘徊と帰宅願望・・(第328報)

配信日: 2022年4月25日

皆さん、こんにちは。

本日は、85歳、女性、要介護2のアルツハイマー病の方のケア体験をご紹介します。

通所施設での出来事で、「自分の座席が分からず徘徊したり、帰宅願望を訴える」という状況に対して、「座席に名札を設置すると共に、座席まで誘導した」ところ、うまくいったとのことです。

「座席に名札が設置」されたことで、自分の席が明確になり、「ここに居ても良い」と思ってもらえたのだと思いました。加筆していただいていますが、「少しの改善で効果が得られることがある」という好事例ですね。「この間に、ご本人が気にしていたこと、よく発していた言葉など」の項目に「場所に関すること」とあるので、これをヒントにされたのだと思いました。プロの技を感じました。

今回のような「少しの工夫」でうまくいったケア体験は、多くの人が実践しやすいので、特に投稿をお待ちしております。

それでは、また来週。

数井裕光
=====
認知症ちえのわnet運営事務局
※このメールは送信専用のメールアドレスから配信されています。
ご返信頂いても受付できませんので、ご了承ください。