こなつさんの投稿:テレビを大音量でつけたまま寝る(便利グッズの活用)・・(第306報)

配信日: 2021年11月22日

皆さん、こんにちは。

本日は、自宅で生活している93歳、女性、要介護2のアルツハイマー病の方のケア体験をご紹介します。

「テレビを大音量でつけたまま寝てしまう。テレビを消すように言ってもできない」という状況に対して、「テレビに外部接続するタイマーを設置し、夜11時に自動でテレビが消え、朝7時につくように設定した」ところ、「よく眠れるようになったのか、本人の精神面も安定し」、うまくいったとのことです。

「以前は、1日中大音量でテレビをつけており電話の声も聞こえない状態であった。電気屋さんに相談したら、外部接続できるタイマーを勧められ、2000~3000円であったため設置した」と加筆していただいています。

難聴のためにTVの音が大きくなり、その音が夜、寝ている間もずっと続き、睡眠が不十分になっていたのだと思います。タイマーをうまく利用することで、生活リズムも改善できたのではないでしょうか。便利グッズの有効活用例ですね。

タイマーが役立つ場面は他にも多いように感じました。困っておられる状況に使用できるかもしれないと思われた方もおられるのではないでしょうか。また便利グッズを活用したケア体験には、いつも多くのアクセスがあります。タイマー、その他のグッズが役に立ったケア体験をお持ちの方は是非とも投稿をお願いいたします。

今週末、第40回日本認知症学会学術集会が開催されます。また12月11日には第45回日本高次脳機能障害学会学術総会サテライト・セミナーが開催されます。私もしっかりと勉強しようと思っています。

それでは、また来週。

数井裕光
=====
認知症ちえのわnet運営事務局
※このメールは送信専用のメールアドレスから配信されています。
ご返信頂いても受付できませんので、ご了承ください。