マネさんの投稿:予定について何度も繰り返し質問する・・(第287報)

配信日: 2021年7月12日

皆さん、こんにちは。

本日は、97歳、男性、要介護2のアルツハイマー病の人のケア体験をご紹介します。

入所されている施設での出来事で、「予定について何度も繰り返し同じ質問をする」という状態に対して、「質問の度に予定をお伝えするとともに、『忘れてしまっていたら、こちらから声をお掛けしますね』と伝えるという一連の対応」をされたところ、うまくいったとのことです。

元々、几帳面できっちりとされている方に、この行動が多い印象を持っています。このような方は、「失敗しないように」という思いが強いので、繰り返し確認されるのだと思います。物忘れは、ほぼ全てのアルツハイマー病の人に生じますが、周囲の人がお困りになるほど繰り返し質問される方は全てではありません。この症状は「物忘れ+不安」が関係していると感じています。今回の対応法は、物忘れに対しては前半の方法で、不安に対しては後半の方法で対応する理にかなった方法だと思いました。

皆さんにもお試しいただき、「うまくいった/いかなかった」の結果を投稿していただきたいと思います。

他の対応法については、こちらをご覧ください。

それでは、また来週。

数井裕光
=====
認知症ちえのわnet運営事務局
※このメールは送信専用のメールアドレスから配信されています。
ご返信頂いても受付できませんので、ご了承ください。