マネさんの投稿:壁に虫が這っている・・(第275報)

配信日: 2021年4月19日

皆さん、こんにちは。

本日は、ご自宅にお住まいの、86歳、女性、要介護2のレビー小体型認知症の人のケア体験をご紹介します。

「『壁に大量の虫が這って動いている』と言う」という状況に対して、「『一緒に退治しよう』と家族が殺虫スプレーを取りに行き、本人に噴射してもらった」ところ、うまくいったとのことです。

本人には見えており、気になる存在になっていた。本人の動作・行動も取り入れ、家族と一緒に問題解決したことで、不都合な状態を取り除くことができた事を本人に伝え、落ち着くことができた」と加筆していただいております。

大きくは「追い払う演技をする」というカテゴリーに分類されると思いますが、虫の幻視に対して、スプレーを噴射したという対応法は、私もしばしば耳にします。実際にどのくらいの成功率なのか知りたいですし、また今回のケア体験には、「ご本人に噴射してもらった」と書かれています。ケアする人が噴射するのとご本人に噴射してもらうのとで、成功率に違いがあるのかについても知りたいです。

今回の対応法の「演技をする」という点に、抵抗感を持つ方がおられると思います。以前のメルマガにも書きましたが、嘘はつきたくないのですが、不安がとても強い場合は、興奮や徘徊など、さらに強い症状に発展する可能性があります。早く安心していただくためには必要な場面もあると思います。

認知症ちえのわnetは、皆様からの投稿で成り立っております。引き続き投稿をよろしくお願い申し上げます。

それでは、また来週。

数井裕光
=====
認知症ちえのわnet運営事務局
※このメールは送信専用のメールアドレスから配信されています。
ご返信頂いても受付できませんので、ご了承ください。