すずらんさんの投稿:請求書を見てデイに行かないと言う・・(第272報)

配信日: 2021年3月29日

皆さん、こんにちは。

本日は、「驚いた!!、そんな方法があるのか!!」の顔スタンプを、つけていただいたケア体験をご紹介します。

ご自宅にお住まいの、99歳、女性、要介護2のレビー小体型認知症の人が、「本人宛に来た介護保険サービスの利用料金の請求書を見て、『こんなにお金がいるならもうやめないかん。行っても座っておるだけや!』とデイサービス・ショートステイを明日から行かないと言う」という状況に対して、「ケアマネに相談して、請求書の宛名を家族に変更した」ところ、うまくいったとのことです。

介護保険サービスの請求書だけでなく、ご本人宛の請求書をご覧になられて、不安になる方は多いと、私の周囲のケアスタッフも言われていました。どのような請求書の宛名が変更可能かについては、私も十分な知識を持っていませんが、依頼してみることはよいと思いました。

この方には「『お金を盗られた』等の妄想もある」とのことなので、お金に対する心配は大きかったのだと思います。物盗られ妄想のある人に対しては、あらかじめ、今回のような対応をとっておくのもよいかもしれないと思いました。

さらに「請求書を別の場所に置いても『こんな所に封を開けずにある!』と見つけて、同じことを言う。ケアマネとサービスの追加を検討している時期で、料金が増えると又『やめる』と見るたびに言うので、スタッフと相談して宛名変更をしてもらった」と加筆していただいています。

とても具体的な対応法なので、多くの皆様のご参考になると思いました。

それでは、また来週。

数井裕光
=====
認知症ちえのわnet運営事務局
※このメールは送信専用のメールアドレスから配信されています。
ご返信頂いても受付できませんので、ご了承ください。