マネさんの投稿:嫁にお金などを盗られたと訴える・・(第265報)

配信日: 2021年2月8日

皆さん、こんにちは。

本日は、ご自宅で生活されている81歳、女性、要介護2のアルツハイマー病の人のケア体験をご紹介いたします。

「『嫁にお金などを盗られた』と訴える」という状況に対して、「お金などを一緒に探し、本人に見つけてもらうように支援した」ところ、うまくいったとのことです。

「本人の訴えをまずは聞き入れる」ことが大切で、「ご本人の不安を払拭できた」からうまくいったと加筆していただいています。

「物盗られ妄想」はアルツハイマー病やレビー小体型認知症の方に多い妄想です。これまでにも様々な対応法が投稿されていますが、現在の集計結果では、「一緒に探す」の成功率は83.3%と良好な成績です。皆様にも、まず試していただきたい対応法だと思います。

物盗られ妄想に関しては、他にも「ケアする人が探すところを、ご本人に見ていただく」、「ご本人に見えるが、手の届かない場所に、お金を置く」などの対応法を、メルマガで紹介して参りました。ちえのわnetの検索窓に「物盗られ妄想」と入力して、右隣のメニューを「メールマガジン」にして検索すると、他のメルマガも閲覧できます。ご参考になれば幸いです。

それでは、また来週。

数井裕光
=====
認知症ちえのわnet運営事務局
※このメールは送信専用のメールアドレスから配信されています。
ご返信頂いても受付できませんので、ご了承ください。