けんけんさんの投稿:デイサービスから帰った後の外出・・(第174報)

配信日: 2019年5月13日

皆さん、こんにちは。

本日は65歳、女性、要介護1のアルツハイマー病の方に関するケア体験をご紹介します。

「デイサービスから帰った後、自宅におれず、歩いてまたデイサービスまで行って帰ってくることが何回もあった」という行動に対して「『家にいるように』と玄関に張り紙をした」が、「うまくいかなかった」とのことです。

「『足が悪いんで運動せんといかん』とご本人がよく言われていた」とのことなので、まずはかかりつけの先生に、ご本人がおこなってもよい運動を教えていただき、それをご自宅でできるようにする方法の検討が第一かなと思いました。

「失語症が進み、張り紙の意味も分からなくなってきている」との事なので、図や絵で説明する必要があるかもしれません。しかし若年性のアルツハイマー病と考えられますので、失語症だけでなく、図や絵の認識が悪くなる視空間認知障害も有しているかもしれません。ご本人が理解してくれやすい伝え方を検討する必要があると思います。

けんけんさんが、もしも何らかの新たな対応を行われたならば、その結果をケア体験としてご投稿していただきたいと思います。

「ご本人がデイサービスから帰って来られた後」で「ご家族がお仕事などから戻られるまで」の数時間、認知症の人がお一人になることがあります。

今回の方は今のところ行方不明にはなっていないようですが、今後、道がわからなくなることもあり得ると思います。この数時間、何らかの工夫をされたケア体験をお持ちの方がおられましたら、「うまくいった/いかなかった」にかかわらず、ご投稿をお願い申し上げます。

事務局からのご連絡の再掲です。

一人暮らしの認知症の人の自動車運転を停止してもらうための対応をされたご経験のある方、うまくいかなかった体験でもよいのでご投稿をお願い申し上げます。「認知症ちえのわnet」の投稿法の解説を改訂しました。また集計結果を更新しました。「場所と時間」からの集計結果の閲覧はこちらです。

それでは、また来週。

数井裕光
=====
認知症ちえのわnet運営事務局
※このメールは送信専用のメールアドレスから配信されています。
ご返信頂いても受付できませんので、ご了承ください。