マネさんの投稿:電気の消し方が分からない・・(第357報)

配信日: 2022年11月14日

皆さん、こんにちは。

本日は、60歳、男性、要介護2のレビー小体型認知症の方のケア体験をご紹介します。

「電気の消し方が分からない」という状況に対して、「壊れていたことにした」ところ、うまくいったとのことです。

多くの皆さんは、何らかの工夫をして「電気が消せるようになった」ケア体験かなと思われたのではないでしょうか。私もそう思いました。しかしまずは、ご本人が戸惑いや不安の中におられることを察知し、自尊心が傷つかないお声かけを優先されたのだと思います。この順序が大切なのですね。ご本人が落ち着いた後に、ゆっくりと「電気の消し方」をわかりやすくする対応を考えられたのだと思います。

今回の対応法には「嘘」が含まれます。「嘘」を含む対応については、以前のメルマガでもコメントしましたが、今回のご本人の原因疾患であるレビー小体型認知症は比較的記憶障害が軽いことが多いので、アルツハイマー病の方よりは、ケアする人が、この嘘とその後の発言や行動とに整合性を持たせることに留意する必要があります。この点は注意をお願いいたします。

私はこのように毎週メルマガをお送りしておりますが、これは毎週、投稿していただいている皆さんのお陰です。あらためて御礼申し上げます。

それでは、また来週。

数井裕光
=====
認知症ちえのわnet運営事務局
※このメールは送信専用のメールアドレスから配信されています。
ご返信頂いても受付できませんので、ご了承ください。