マネさんの投稿:夕方外に出ようとする・・(第347報)

配信日: 2022年9月5日

皆さん、こんにちは。

本日は、89歳、男性、要介護2のアルツハイマー病の方のケア体験をご紹介します。

「夕方外に出ようとする」という状況に対して、「出かけようとした時に『お帰りなさい』と声をかけた」ところ、うまくいったとのことです。

「お帰りなさい」と言われると、ご自分がこれから外出しようとしていたのか、帰ってきたのかが不明確になり、「ご家族がこのように言うので、自分は帰ってきたのだな」と思っていただけるということだと思いました。

アルツハイマー病のために物忘れが元々目立ち、要介護2とのことなので、さらに顕著になったので、このような思考の流れになったのかなと思いました。また高齢の方なので、外出に多少の時間がかかり、ご家族がお声かけするタイミングが持てたという要因もあると思いました。

お若い認知症の方、前頭側頭葉変性症の方等、様々な認知症の方に対しての有効性も知りたいので、この対応法を実践していただき、「うまくいった/いかなかった」に関わらず、投稿をお願いいたします。

本日は、もう一つ、petaさんの「対応方法を教えて!!」への投稿もご紹介します。「便失禁した後、畳に便を擦り付けるので、畳の目に入り込んだ便の清掃が困難。どのような清掃方法が適しているのか知りたい」とのことです。ご家族がお困りの様子が目に浮かびます。有効な清掃方法やこのような行動を少なくする方法などについて、うまくいったご経験をお持ちの方は、ケア体験としての投稿となりますが、ご教示宜しくお願いいたします。

本日は、お知らせが一つあります。

それでは、また来週。

数井裕光
=====
認知症ちえのわnet運営事務局
※このメールは送信専用のメールアドレスから配信されています。
ご返信頂いても受付できませんので、ご了承ください。