Yun さんの困っていること

投稿日 2021年8月23日

拒絶・拒否
もの忘れ、物盗られ妄想、被害妄想が悪化し、ヘルパーや近隣住民とトラブルになっているのでもの忘れ外来を受診させたいが、本人が「皆が裏で手を回して私をボケ老人扱いしようとしている」と拒絶する。信頼する主治医(内科医)の前では妄想を全く語らないので主治医が妄想のことを信じてくれず、もの忘れ外来への受診のすすめや紹介状をお願いできない。
この困っていることに対する対応方法
1.なますて さんの対応方法

投稿日 2021年9月28日

おかあはん
ケア実施者
利用している病院で「医療相談」をしていて、本人抜きで先生と二人で話をしました。本人の生活の様子や他者とのトラブルを以前の本人の様子と比較しながら話し、理解してもらいました。
うまくいった
一日中
  • 自宅
  • 屋外
その他、または詳しく記載
 [ 認知症の症状を否定したい気持ち ]
その他、または詳しく記載
 [ 自分の不安感や心配する気持ちをストレートに話せた。また、本人の状態を医師と客観的に観察できた ]
天気とは無関係
物忘れに関すること
認知症の症状がまだらのときは、本人が認知症を認めなかったり、周りの人が理解できなかったりする事でトラブルが多いけれど、焦らず、慌てず、ゆっくり。自分のストレスが小さくなる方法を選択できますように。
SSLサーバ証明書について