うまくいったこと、うまくいかなかったこと
睡眠障害

寝付きが悪い、夜中に目が覚める。夜に起きて、朝だと勘違いし、出かけようとするなど。

うまくいった
うまくいかなかった
1
6
おきたこと
対応方法
合計件数
奏功確率
夜中に起きて、不適切な活動を始める
夜中に起きて、不適切な活動を始める
3 件
66.7%
33.3%
※グラフをクリックすると「うまくいった/うまくいかなかった理由」をそれぞれ表示します
1
  • 夜中に起きて、不適切な活動を始める
  • 日中に活動してもらう
  • 合計件数:3 件
【主なうまくいった理由】
  • 環境の改善
  • 日中に好きなことをする時間を持つことができた
夜中に起きて、不適切な活動を始める
夜中に起きて、不適切な活動を始める
3 件
66.7%
33.3%
※グラフをクリックすると「うまくいった/うまくいかなかった理由」をそれぞれ表示します
2
  • 夜中に起きて、不適切な活動を始める
  • 自室まで誘導し、寝るよう指導する
  • 合計件数:3 件
【主なうまくいった理由】
  • ご本人の不安を払拭できた
  • 具体的に行動を促したから
夜中に起きて、不適切な活動を始める
夜中に起きて、不適切な活動を始める
5 件
60%
40%
※グラフをクリックすると「うまくいった/うまくいかなかった理由」をそれぞれ表示します
3
  • 夜中に起きて、不適切な活動を始める
  • 水分補給と補食を促す
  • 合計件数:5 件
【主なうまくいった理由】
  • 体調の改善
【主なうまくいかなかった理由】
  • ご本人の不安を払拭できなかった
  • 環境を改善できなかった
  • 体調を改善できなかった
夜中に起きて、不適切な活動を始める
夜中に起きて、不適切な活動を始める
2 件
50%
50%
※グラフをクリックすると「うまくいった/うまくいかなかった理由」をそれぞれ表示します
4
  • 夜中に起きて、不適切な活動を始める
  • 眠たくなるまで起きていてもらう
  • 合計件数:2 件
【主なうまくいった理由】
  • 体調の改善
【主なうまくいかなかった理由】
  • ご本人の不安を払拭できなかった
  • 入所以前から睡眠時間は短く、本人としては眠れていると考えられる。また、端座位で寝ることも在宅時からの習慣であり改善はなかなか難しいのではないだろうか。
夜中に起きて、不適切な活動を始める
夜中に起きて、不適切な活動を始める
6 件
16.7%
83.3%
※グラフをクリックすると「うまくいった/うまくいかなかった理由」をそれぞれ表示します
5
  • 夜中に起きて、不適切な活動を始める
  • 夜中だから寝るように指導した
  • 合計件数:6 件
【主なうまくいった理由】
  • ご本人の不安を払拭できた
【主なうまくいかなかった理由】
  • ご本人の不安を払拭できなかった
夜に寝ずに、病院・施設内を動き回る
夜に寝ずに、病院・施設内を動き回る
3 件
66.7%
33.3%
※グラフをクリックすると「うまくいった/うまくいかなかった理由」をそれぞれ表示します
6
  • 夜に寝ずに、病院・施設内を動き回る
  • 入床を介助する
  • 合計件数:3 件
【主なうまくいった理由】
  • ご本人の不安を払拭できた
  • 口頭で説明するのではなく、誘導したから
※グラフをクリックすると「うまくいった/うまくいかなかった理由」をそれぞれ表示します
1
6