うまくいったこと、うまくいかなかったこと
物忘れ

出来事や予定を覚えられない。何度も同じ話をする。物を置き忘れるなど。

うまくいった
うまくいかなかった
1
6
おきたこと
対応方法
合計件数
奏功確率
薬を飲み忘れる
薬を飲み忘れる
23 件
100%
※グラフをクリックすると「うまくいった/うまくいかなかった理由」をそれぞれ表示します
1
  • 薬を飲み忘れる
  • 薬を本人に手渡し出来る体制を作る
  • 合計件数:23 件
【主なうまくいった理由】
  • 環境の改善
  • ご本人の不安を払拭できた
  • 記憶障害のレベルを正しく把握 して適切に対応できたため
  • 本人の記憶力を考えるとこの方法が適当だと思った
  • 近時記憶傷害があるため、その場で渡すことでうまくいった
  • 確実に手渡したから
  • わからない
  • 看護師により手渡しを行い、服用確認をすることで確実な服用につながった
【主なうまくいかなかった理由】
  • ご本人の不安を払拭できなかった
  • 環境を改善できなかった
  • 妻も忘れてしまった
薬を飲み忘れる
薬を飲み忘れる
8 件
75%
25%
※グラフをクリックすると「うまくいった/うまくいかなかった理由」をそれぞれ表示します
2
  • 薬を飲み忘れる
  • 薬を日付の書いた箱にセットする
  • 合計件数:8 件
【主なうまくいった理由】
  • 環境の改善
【主なうまくいかなかった理由】
  • 本人の障害に応じた対応になっていなかった
  • 環境を改善できなかった
薬を飲み忘れる
薬を飲み忘れる
5 件
40%
60%
※グラフをクリックすると「うまくいった/うまくいかなかった理由」をそれぞれ表示します
3
  • 薬を飲み忘れる
  • カレンダー(薬カレンダー含む)を利用する
  • 合計件数:5 件
【主なうまくいった理由】
  • 環境の改善
  • 記憶障害があっても気づくことができるようにした
  • わからない
  • お薬カレンダーと時計とホワイトボードの組み合わせがうまくいった。
【主なうまくいかなかった理由】
  • 環境を改善できなかった
  • 薬を手にすることはできたが、飲む行為にはいたらなかった。
  • 理由は定かではないが、薬カレンダーからとった薬をズボンのポケットに入れてしまい、そのまま服用するのを忘れた。
  • 近時記憶傷害と注意障害があり、薬カレンダーにセットするだけではうまくいかなかった
同じことを何度も聞いたり言ったりする
同じことを何度も聞いたり言ったりする
4 件
100%
※グラフをクリックすると「うまくいった/うまくいかなかった理由」をそれぞれ表示します
4
  • 同じことを何度も聞いたり言ったりする
  • 予定の当日に本人に知らせる
  • 合計件数:4 件
【主なうまくいった理由】
  • 不安の元になることを告げないようにした
  • ご本人の不安を払拭できた
同じことを何度も聞いたり言ったりする
同じことを何度も聞いたり言ったりする
3 件
100%
※グラフをクリックすると「うまくいった/うまくいかなかった理由」をそれぞれ表示します
5
  • 同じことを何度も聞いたり言ったりする
  • 本人の思いを傾聴する
  • 合計件数:3 件
【主なうまくいった理由】
  • ご本人の不安を払拭できた
  • 対応したご自身の不安感の改善
  • 兎も角 初めて聞くように、真剣に、話しを聞いて、更に!それで?どうなった?等々わざと質問してあげる。得意気になり、落ち着く。
  • わからない
同じことを何度も聞いたり言ったりする
同じことを何度も聞いたり言ったりする
7 件
85.7%
14.3%
※グラフをクリックすると「うまくいった/うまくいかなかった理由」をそれぞれ表示します
6
  • 同じことを何度も聞いたり言ったりする
  • あえて同じ説明の仕方をくりかえす
  • 合計件数:7 件
【主なうまくいった理由】
  • ご本人の不安を払拭できた
  • 理解と記憶がしやすくなった
  • 覚えることができたこともある
  • 繰り返すことで、理解しやすく、覚えやすくなったのだと思う
  • 環境の改善
  • 対応したご自身の不安感の改善
  • 当人の言われることを否定せずご飯を準備していると答えることで、その都度、納得してもらえた
  • 本人の気が済む
  • わからない
【主なうまくいかなかった理由】
  • ご本人の不安を払拭できなかった
  • 物忘れが強かった
  • すぐに忘れてしまう為。
※グラフをクリックすると「うまくいった/うまくいかなかった理由」をそれぞれ表示します
1
6